プロフィール

Pocket

はじめまして、こんなブログに来てくださってありがとうございます。

リョウと申します。

専業アフィリエイターとして日々の業務に取り組んでいます。

人から命令されることが極端に嫌いで、自分で会社を始めればそういう人間がいなくなるので、専業アフィリエイターの道を選びました。

アフィリエイトを始めるきっかけ

コンピューターの専門学校を卒業後、フリーターとして気楽な生活を送っていましたが、周りがどんどん成長していくのに自分だけこのままでいいのか?と思い、28歳になってやっと就職する決心をしました。

過去の専門学校の経験を活かして、興味のあったWebデザインの会社に就職しました。

仕事内容はとても楽しく、自分の一生の仕事にしようと思えたのですが、その会社は私を含めて4人しか社員がいない零細企業でした。

さらにそこの社長が「昔の人間」だったので会社の行くこと自体がイヤになりました。

「残業はお前の仕事が遅いからだ」と言って残業代は1円も出ず、「俺がやれといった仕事は次の日までには終わらせろ」という謎の理論で残業を強要するというコンボっぷりでした。

さらに毎月の月末には、狭い事務所の中で意味のわからない飲み会に参加させられ、給料日は必ず手渡しで封筒に明細と共に全額入れられており「給料いる人~?」などの発言を聞いた時には呆れ返ってモノも言えませんでした。

仕事内容は楽しかったのですが、納期が短く、かつこんな社長がいたので、精神的に参ってしまい、会社員生活の半分くらいのところで病気になりました。

関節が動かなくなるほどの激痛でしたがそれも我慢して会社に行っていました。今思うとなんで行ったのかわかりません。

恐らく小さい会社だったので、納期に間に合わないと思ったんだと思います。

ですがその根性が功を奏して、実力は付き、仕事を辞める直前には400万の仕事を一人でこなせるほどになっていました。

頭の悪い方は「社長のおかげ」などと思いそうですが、私が努力した結果なので勘違いしないようにお願いします。

この結果を経て、「実力があるならこんなやつの下で働いても時間の無駄じゃん」と思い仕事を辞める決意を固めました。

ですが、いきなり辞めて収入がなくなったら困りますし、技術職だったので一人で仕事を取ってこれるわけではありません。

そこで出会ったのが「アフィリエイト」でした。

アフィリエイトとの出会い

最初は胡散臭い文句が多く、多くの人がアフィリエイトに抱いているような「ねずみ講」と同じイメージを私も抱いていました。

ですが調べていくうちに世界的に有名な企業である「Google」が提供しているサービス「Google AdSense」と出会いました。

ブログを書いて広告をクリックされたら収入がもらえる。これにも若干の胡散臭さは感じていましたが、提供元があの「Google」だったので少し念入りに調べたところ、どうやら真実であることがわかりました。

これをうけて2015年の1月25日から、私のアフィリエイト人生はスタートしました。

アドセンスを始めたのだが・・・?

そこから2015年の4月には会社を退職しアフィリエイターとして生きていくことを決めました。

この時点で、web制作の知識はあると思っていて、「3ヶ月くらいでなんとか独立できるだろう!」と、とてつもなく軽く考えていました(冷静に考えれば、すぐに無茶だと気づけるだろうことに気づけませんでした)。

ここから「雑記ブログ(ほぼ芸能ブログ)」で月40000円程度まで順調に稼げるようになります。

ところが、ここで「アドセンスは放置しても稼げる!」という情報の意味を理解せず、記事の更新を怠ったため、アクセスが激減(芸能情報が9割を占めていたのも相まって)。

さらには家賃を滞納して身内に借金までする始末。このままではダメだと思い、アルバイトを始めます。

人気の投稿

スポンサーリンク

最新の投稿